妊娠中に加入する学資保険

学資保険とはいわゆるこども保険といわれる商品のことで、子供の将来の教育資金のために加入する保険です。

貯蓄性に優れている保険で、進学のタイミングでお祝い金が受け取れる場合や満期金としてそれまでためていたものを一括で受け取ることができる場合もあります。
満期は15歳・17歳・18歳・20歳・22歳などがあり、受け取るタイミングを進学のタイミングに合わせることで教育資金を計画的にためることができます。

被保険者は子供となりますが、契約者は親でなくても祖父母でもいいので子供や孫の将来のために加入しておきたいものです。

埼玉の保険代理店

貯蓄性は薄れてしまいますが保障に重点を置いた学資保険もありますが、そのようなタイプの保険は契約者となっている人に万一のことがあると以降の保険料が免除され、契約通りのお祝い金や満期金を受け取ることができる場合がありますし、育英年金や育英一時金という形で保障を受けることができる場合もあります。

子供の教育資金のためだけでなくけがや病気での入院や手術の給付金もついているものもあります。


埼玉の保険

通常学資保険の加入を検討し実際に加入するのは出産後に子供が誕生してからです。



ですが子供が誕生した後はなかなか時間が取れずにすぐには加入することができません。
そこでオススメなものが妊娠中でも加入できるものです。

実は妊娠中でも加入できる商品があり、出産140日前から妊娠経過が順調であれば加入することができます。

つまり妊娠が順調に進み妊娠6か月目に入ったら加入を検討し始めてもよいということになります。しかしいつ加入しても同じように感じられてしまいます。

わざわざ前倒しで加入する必要があるのでしょうか。妊娠中に加入するメリットとしては、保障型の商品であれば契約者に対する保障もスタートするということがあります。



つまり妊娠中に契約者に万一のことがあっても当初予定されていた保障を受けることができます。




万一のことがあった場合には以降の支払いが免除され予定されていた保障を受けることができるので、安心を得ることができます。

http://smany.jp/3211
https://tmall.tsite.jp/B_3.php?SHOP_ID=13429
http://smany.jp/3211



Copyright (C) 2016 妊娠中に加入する学資保険 All Rights Reserved.